ジャパンライフとはどんな会社か簡単に説明!手口や元会長の現在他

   

 

Sponsored Link
 

最近のニュースでよく目にするジャパンライフ

ジャパンライフって聞いて、まず思ったのは保険会社でしたけど・・全然違いますね。ww

じゃあジャパンライフって何の会社なの

加藤タクシーが有限会社の理由は?実は新事務所ではない!【加藤浩次の乱】

ということで、どんな会社だったのかわからなかったので調べて、まとめてみたいと思います!

Sponsored Link
 

 

ジャパンライフとはどんな会社?わかりやすく説明してみます

ジャパンライフは、1975年に創業された「代替医療機器製造販売会社です。

代替医療とは、病院とかで治療する医療ではなく、その代わりになるものです。

漢方とか、鍼灸などが代替医療ですね。

今現在、基本となっている医療は、科学的検証などを用いて根拠(エビデンス)を明確にしたもの。

代替医療は科学的根拠の裏付けがないけど、効果が見込まれるものです。

 

ジャパンライフが扱っていた代替医療機器というのは、

「磁器治療器」

「スキンケア用品」

「寝具」

「ビタミンサプリ」

などですね。

どれも健康に関係する商品ばかりです。

代替医療機器ですから。

 

ジャパンライフ株式会社はこれらを製造・販売していたわけですが、これには何の問題もありませんでした。

代替医療が悪いわけではないですからね。

では、何が問題だったのでしょうか・・・

 

 

ジャパンライフ株式会社は何が問題だった?販売の手口がマルチ商法?

ジャパンライフ株式会社が問題だったのは、その商品の販売方法でした。

ジャパンライフの販売の手口は「マルチ商法」

ねずみ講・・ですね。

「新しく購入してくれる人見つけてくれたら売り上げの〇%はあなたのものですよー」

「商品は高額だけど、売れたらすぐに元が取れるよー」

ていうやつです。

MLMともいわれていますね。

販売方式としてはかなり有効なもの(らしい)のですが、日本では悪用する人が多く、1980年前後に大きく問題となりました。

このことから、日本ではイメージがかなり悪いものになりました。

チュート徳井と青汁王子の違いを簡単に解説!脱税、所得隠し、逮捕他

 

にもかかわらず、ジャパンライフは2010年代になってもこのマルチ商法で販売を続けていました。

高額な磁器治療器を販売し、それを購入者に「レンタル」させる方法ですね。(レンタルオーナー方式)

このような問題となる販売方式をとっていたことで、行政指導行政処分何回も受けています。

他にも、有名人の講演を使って商品説明・販売をしたりしていたことも問題になっていますね。

 

2017年には膨大な債務を作っているにもかかわらず、顧客にそれを隠していたということで詐欺とされ、告発されています。

そして同年に倒産。

顧客や代理店はもちろん商品の返却、返金を求めますが、2018年に破産手続きをすることとなりました・・

要するに、満額返金することはもう無理だよー・・ってことですね。

Sponsored Link
 

 

ジャパンライフ元会長・山口隆祥の現在は?倒産・破産で波乱万丈・・

そんなジャパンライフの創業者で元会長の山口隆祥さん。

現在は何をされているんでしょうか。

山口隆祥(やまぐちたかよし)さんは群馬出身の1942年生まれ。

御年77歳ですね。

複数の著書もあり、ジャパンライフの創成から急成長期に社長だった方ですから、人脈もかなりすごいようですね。政治家とか。

そんな山口隆祥さんは、ジャパンライフが行っていた問題ある販売方法によって、2019年4月に家宅捜索。

2019年11月には、娘で元社長の山口ひろみさんとともに、破産手続き開始の決定を受けました。

現在は破産して大変なことになっているということです。

 

 

 - 時事 , , , , , , , , ,