勝友美の年齢、経歴を深堀り!オーダースーツ会社女性社長になった経緯がすごすぎた

   

 

 

 

スーツテーラーって知っていますか?スーツの仕立て屋、裁縫師のことですが、一人ひとりにマッチする洋服を仕立ててくれるというすごい職業なんです。

そのスーツテーラーになった女性、勝友美さん。「日本初の女性テーラー」として話題にもなったそうです。

現在はオーダースーツ会社の女性社長として活躍されているのですが、そこまでの経歴がすごかったんです・・

今回は、勝友美さんの経歴、年齢は?結婚はしているの?について調査していきます!

 

Sponsored Link
 

 

勝友美の経歴、年齢を徹底調査!

女性初の女性テーラー、勝友美さんの年齢は35歳(2020年現在)

オーダースーツ会社を立ち上げ、予約が取れないほどの繁盛店となるまでの勝友美さんの経歴について調べてみたいと思います。

 

勝友美さんは兵庫県宝塚市出身。大学は神戸松蔭女子学院 短期大学部をご卒業されています。

2005年に短期大学を卒業され、アパレルメーカーに就職、大手百貨店の販売員として働かれます。

初めて店に立った日に、なんとトップセールスを記録。w

初日から頭角を現し、そのまま入社1か月で副店長に大抜擢されます。

「店に来た人が何が欲しいのか、すぐにわかる。」

「すぐに提案できるから、売り上げが上がるのは当然だった。」

過去のインタビューでこのように話していた勝友美さん。すごい才能ですよね。

 

その後は中国最大の商品販売サイト『シナモール』の立ち上げに参画されます。その中でスタイリスト・イメージモデルとして活躍されます。

とても清潔感があっておきれいな方ですし、イメージモデルになるのも納得です。

そして、次の転職では女性もののアパレル業界ではなく、国内の高級紳士服メーカーに転職され「女性テーラー」としての道を進まれることになります。

そこで「一から仕立服のノウハウ」を学び始め、その中で熟練した職人たちの高い技術力を目の当たりにします。

「高度な職人技術を活かす、正しく売れる販売員がいない」

「職人さんの本当の凄さを活かせていない。自分がやるしかない」

そう考えた勝友美さんは、2013年に高級オーダーメイドスーツを取り扱う会社「muse(ミューズ)」を立ち上げます。

女性がテーラーをすることも初だったのにもかかわらず、紳士服の会社を立ち上げるとは・・すごいです。

2018年には日本人デザイナーとコラボしてミラノコレクション出場もされています。

森川葵の天才的動画集!なぜセンスがすごいのか...理由も調査【それって実際どうなの課】

 

勝友美さんは本の執筆もされています。

営業は「バカ正直」になればすべてうまくいく! [ 勝 友美 ]

営業成績が抜群だった勝友美さんの技術がわかる本です。

「1着20万円以上のスーツを1年間で500着売りました」って、めちゃくちゃすごいです・・

 

勝友美は結婚してる?

2020年現在、35歳の勝友美さん。ご結婚はされているんでしょうか。

調査してみたところ、結婚されているという情報はありませんでした。

アパレル業界に入ったのが短大卒業後ですから、20歳のころ。

そこから28歳で会社を起業され、その後も最前線でご活躍されている勝友美さん。かなりの努力家であることがうかがえますね・・尊敬します。

とてもおきれいな方ですし、すごくモテそうな感じがします。しかし、2019年のインタビュー記事では「彼氏はいない」と話しています。

 

勝友美さんには「一流ブランドになる」という大きな夢があるとのこと。

その夢に向かって「ポリシーは曲げない」「多くの人が憧れる平凡な夢は手放す」など、強い信念をもって走り続けている勝さんにとって「普通は・・」なんてことは小さいことのような気もしますね。

 

 

Sponsored Link
 

 

勝友美社長のオーダースーツ会社名『muse(ミューズ)』の意味、由来は?

勝友美さんが社長を務めるオーダーメイドスーツの会社『muse(ミューズ)』の意味、由来はなんでしょうか。

ミューズ(muse)という言葉には

・ギリシャ神話で文芸や学術、音楽などをつかさどる女神「ムーサ」の英語名

・熟考する

といった意味があります。

その意味から「特に美貌、行動が秀でており、他に影響を与えた人物」に向けても使われることがあるそうです。

なんとも、勝友美さんのポリシーに共鳴するところがありますね。

河辺千恵子の現在!ピラティストレーナーになった理由は?スタジオの場所はどこ?

勝さんの作るスーツは「ヴィクトリースーツ」とも呼ばれています。勝さんの作ったスーツをオーダーした人たちも「身にまとうツールが大きな武器になる」と実感する人も多いそう。

「100年先まで愛される一流ブランド」を目指す勝友美さん。

いつかオーダーしてみたい!!

 

 

 - 著名人 , , , ,