熱男の意味や由来&いつからかを調査!うざい・嫌いといわれる理由【松田宣浩】

      2020/11/22

 

 

ソフトバンクの松田宣浩選手の「熱男~!」っていうパフォーマンス知っていますか?

ネットで調べてみると「うざい」「嫌い」「寒い」「バカみたい」なんて言われていますが・・なんで??w

コロナ禍では「熱男リレー」「バトン」なるものも流行っていました。ジャニーズなどいろんな著名人が参加していたことでかなり話題にもなりましたよね。

あの百獣の王も

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

武井壮(@sosotakei)がシェアした投稿

ムーブメントになったのは間違いありません。

しかし、そもそも「熱男」ってなに?って思いますよね。

今回は、ソフトバンク松田選手のパフォーマンス「熱男」について調べてみました。

 

Sponsored Link
 

 

ソフトバンク松田の『熱男』の意味は?由来はチームスローガン

ソフトバンクの松田宣浩選手のホームランパフォーマンス『熱男~!!』

熱男 松田選手のパフォーマンス

このパフォーマンス、そもそもの意味は何なんでしょうか。これだけ聞くと意味不明ですよね。w

『熱男』の由来は2015年のチームスローガンだった

そもそもの由来は、ソフトバンクホークスのチームスローガンだったことが始まり。

どんなときも、決してあきらめず、前向きに、情熱的に突き進む。

今の自分に満足することなく、向上心と探究心をもちつづけ、笑顔で、元気に、アツく、熱く、突き進む!

というテーマの元、スローガンが「熱男」となりました。

熱男がスローガンになったソフトバンクホークス

このスローガンが決まった時、松田選手は

「これは使えない。使い勝手悪そうな言葉だから根付かないだろう」

と考えていたとか。w

当時、松田選手は選手会長。その立場もあり、

「チームのスローガンだから、どうにかファンにもわかってほしい・・」

との思いで始まったのが『熱男~!』こぶしを上げるパフォーマンスだったそうです。

そこから、自分のプレーとマッチする言葉であると感じはじめ、松田選手自身のスローガンになったとのこと。

たしかに、松田選手のあの前向きさとか明るいキャラにもあっている言葉ですよね!!

 

熱男のことば 球界最高のモチベータ—が実践する究極のポジティブマインド/松田宣浩【1000円以上送料無料】

 

松田宣浩『熱男~!』パフォーマンスはいつから?最初の熱男画像がこちら

ソフトバンクの松田宣浩選手のホームランパフォーマンス『熱男』は、いつから始まったのでしょうか!

一番初めのパフォーマンスは、2015年の4月1日。スローガン「熱男」が決まったあとでした。


最初はサイレントモードだったんですね!w

一番最初の熱男ポーズをする松田宣浩選手

ここから、徐々に今のポーズへと進化していきました。

 

ちなみに、この「熱男」パフォーマンスの前は

熱男以前の松田のホームランパフォーマンス

 

人差し指を立てた両手を挙げて「ドーン」

だったそうです。w

今のパフォーマンスと比べるとパンチが弱いですね。w

 

Sponsored Link
 

 

『熱男』がうざい、意味不明、嫌いといわれる理由を調べてみた。

SNSで熱男について調べてみると

「うざい」

「意味不明」

「バカみたい」

「逆に寒い」

 


なかなか辛辣な意見が多数・・こんなに嫌われる?w

なんでこんなに嫌われているのかを調査してみました。

 

ライバルチームにとってはうれしくない『熱男』

熱男のパフォーマンスが嫌われる理由は「ライバルチームにとってうれしくないから」が原因のようです。

松田選手のキャラクター的にも、チームリーダー的要素があったり、ムードメーカーな人物です。

彼が調子がいいとチームが調子が上がる。そしてファンたちの熱気も上がる・・こういった部分が、他のライバル球団にとっては「うざい」となるみたいですね。

 

あと、多かったのが「煽っている」というもの。

 

 

他チームのファンもイラつかせるとは・・むしろプロスポーツっぽい感じがするのは僕だけでしょうか。ww

本気で応援しているライバルファンだからこそ嫌われるでしょうし、逆にホークスファンは熱狂する。

これだけ影響力のあるパフォーマンスもあまりないのではないでしょうか。

これからもあの『熱男~!』の勢いで、チームをけん引していってほしいと思います!!

 

 

 

 - スポーツ , , ,