二千翔(にちか)名前の意味、由来がカッコいい!さんま家族の命名エピソード

   

 

 

お笑い大魔神、明石家さんまさんに息子さんがいらっしゃることを、皆さんはご存知でしょうか。

息子さんといっても血のつながりは無いのですが。前の奥様、大竹しのぶさんの連れ子、二千翔(にちか)さんといいます。

明石家さんまの息子、二千翔(にちか)の名前の由来

「二千翔」と言う名前、とても変わっていますよね!

今回は明石家さんまと大竹しのぶの息子、二千翔(にちか)さんの名前の由来や意味について調べてみました!

 

Sponsored Link
 

 

明石家さんまの息子『二千翔(にちか)』名前の意味、由来を調査!感動エピソードあり...

二千翔(にちか)さんて言う名前。本当に聞きなれなくて、そして読むのも難しいですよね。

どきゅんネーム・・というというほどではないですが、なかなか難しい名前だというのは事実。

しかしこの「二千翔」という名前・・深ーいい意味、由来、そして思いが込められているんです。

明石家さんまの息子、二千翔(にちか)の名前の由来

二千翔(にちか)名前の意味は『21世紀に羽ばたく』

二千翔という名前の意味、由来は

「21世紀に羽ばたいてほしい」

という思いが込められています。

 

21世紀と言えば2001年からですね。二千翔さんは1985年生まれです。

二千翔さんの実のお父さんはドラマディレクターの服部晴治さんという人です。

服部さんは二千翔さんが2歳の時、1987年に癌性腹膜炎でなくなっています。

実は、大竹しのぶさんが二千翔さんを妊娠していた時期、服部さんはすでに「自身が病気で先は長くない」と知っていたそうです。

それをわかっていながら、大竹しのぶさんは二千翔さんを産みます。

そして、生まれた息子に名前を命名したのが父親である服部さんだったのです。

「自分が生きることのできない21世紀に大きく羽ばたいて欲しい」

と言う思いを込めて理子と言う名前をつけたのだとしたら・・・とても胸が熱くなる話ですね。

 

本人vol.11 中川 翔子、 堀江 貴文、 井口 昇、 三宅 恵介、 有吉 弘行、 吉田 豪、 中村 うさぎ、 松田 洋子、 北村 道子、 安永 知澄、 宮崎 吐夢、 河井 克夫、 海猫沢 めろん、 瓜田 純士、 明石家 さんま; 松尾スズキ9784778311926【中古】

明石家さんま家族の名前エピソードがすごい!!「いまる」名前の意味、由来がおもしろすぎる

血のつながりがないにもかかわらず素敵な親子関係で強い絆を結んでいる明石家さんまさんもとても素敵です。

市川さんもさんまさんと大竹しのぶさんの離婚の際にはボスについていきたいと話していたそうです私関係の強さが伺えます。

ちなみに明石家さんまさんの娘、IMARU(イマル)さんの名前の由来もとても有名ですね。

きてるだけで儲け」イマル

 

素敵な名前だと思いますし、現にイマルさん自身もとても魅力的な方です。

だけど!

この名前の由来・・聞いたらもう、つけられた子供のほうは「マジかよ」って思うと思うんですけど…笑

それでも、さんまさんの座右の銘ですからね。強い思いを感じます。

 

ちなみに、明石家さんまさん一家の名前は

・いまる(1)

・にちか(2)

・さんま(3)

・しのぶ(4)

並べると1,2,3,4と並ぶようになっているというのも、面白い発想だなと思いました。

こういう風に家族のつながりを感じられる名前にするのも、すてきだなぁと感じました。

飯窪春菜と明石家さんまが熱愛って...真相は?プレゼントが豪華すぎる!!

私のウチも、もうすぐ子供が生まれるのですが・・名前はまだ決まっていません。めちゃくちゃ悩みますよねー・・楽しいですけど(^^♪

 

 

Sponsored Link
 

 

『明石家さんま』芸名の意外な由来...本名は杉本高文!

明石家さんまさんの本名と「明石家さんま」という芸名の由来を調べてみたいと思います。

 

明石家さんまさんの本名は杉本高文さん。明石家さんまという名前が定着しすぎて、もはや違和感があります・・(すみません)

明石家さんまと言う芸名をつけたのは明石家さんまさんの師匠である笑福亭松之助さん。

師匠が「笑福亭」なので、明石家さんまさんは元は「笑福亭さんま」でした。鶴瓶さんと一緒ですね。

【マスカレードホテル】明石家さんま登場シーンはいつ?どこに出演してるか調査【画像】 

 

「さんま」と言う名前の由来はご実家が水産加工業を営んでいたからだそう。なんとも安易・・ですが、とても分かりやすくキャッチーですよね。

まさか食べる秋刀魚を知名度で肩を並べる存在になるとは、師匠の笑福亭松之助さんも思っていなかったでしょうね・・ww

明石家さんまの息子は二千翔さん

さんまさんが「笑福亭」から「明石家」に変わったのも、師匠の笑福亭松之助に由来しています。

笑福亭松之助師匠の本名は「明石 徳三」さんといいいます。

笑福亭松之助師匠は、自分の弟子に、自分の本名をちなむ「明石家」の亭号をあたえることが多かったとのこと・・

さんまさんも面白い芸名ですが、他のお弟子さんもユニークな名前が多かったことも有名ですね。

「明石家サドル(実家が自転車屋)」

「明石家パーマ(実家が理髪店)」

「明石家パンツ(実家が下着屋)」

 

おもしろくてインパクトのある名前って、本当に忘れられないですよね!

 

 

 - お笑い , , , , , ,