東京アラートとは何?発動基準&内容まとめ...緊急事態宣言との違いは?

   

 

緊急事態宣言が解除されたのが2020年5月25日。

新たな感染者数もかなり減っていた東京都でしたが、2020年6月2日に30人を超える感染者が確認され、『東京アラート』が発動されることになりそうです。

・・・また新しい言葉が出てきましたね。『東京アラート』ってなんぞ?

alert(アラート)=警報

なので、何となく意味は分かりますが(なぜに横文字)

今回は、東京アラートの意味や発動基準について解説したいと思います。

 

Sponsored Link
 

 

東京アラートの意味とは?発動基準と内容を簡単にまとめてみた

東京アラートの意味を調べてみました。

東京アラートとは、東京都が独自で定めた緩和目安を超えた時に、都民に警戒を求めるために定めたものです。

緊急事態宣言中の2020年5月15日に、小池東京都知事が緊急事態宣言解除後のために示した指針です。

東京アラート発動の基準は?

東京アラートの発動条件は以下の通りです。

1、一日あたりの新規感染者数が20人未満

2、新規感染者に占める感染経路不明の割合が50%未満

3、週単位の感染者増加比が1未満

2020年6月2日にかなり急激に新規感染者が増加しましたが、5月30日時点の「新規感染者が14人」だった時点で基準を上回っていたそうです。

小池都知事記者会見の野次が誰か特定!フリージャーナリスト?【4月10日動画】

東京アラート発令...内容は?

東京アラートが発動...気になるのがその内容ですね。

東京アラートが発動されると、まず「レインボーブリッジが赤色に点灯」し、都民に警戒を呼び掛けます。

・・・詳しい内容は2020年6月2日の夜に発表されますので、また更新していきます。

 

東京アラート発動したら学校はどうなるの?

東京アラート発動されると、再開したばかりの企業やお店への影響も気になります。

【休校要請】学童保育や幼稚園が休みにならないのはなぜ?理由を調査

その中でも、再開して間もない学校はどうなっていくのでしょうか。

 

Sponsored Link
 

 

東京アラートと緊急事態宣言の違いは?

2020年5月25日に解除された「緊急事態宣言」ですが、「東京アラート」は緊急事態宣言と何が違うのでしょうか。

まず、緊急事態宣言を出したのは「政府」ですから、国が主導しています。

国が各都道府県知事に、都道府県民や企業、学校に対して「自粛要請することができる」権限を与えたものでした。(あくまで要請なので、強制力はありませんでした)

 

一方、「東京アラート」は、東京独自の東京都民が警戒を強めるための呼びかけです。

国が主導した緊急事態宣言と比較すると、要請ですらありませんので、より力は弱いと考えられます。

そのことから、ネットでも「意味がないのではないか」といった声が聞かれています。

ただ、感染が再度広がってきているという数字が出ている以上、まさに自粛(自ら進んでつつしむ)ことが必要です。

 

 

 

 - 時事 , , , , , , , ,