戦慄かなのの画像修正、加工処理がすごい...本当の顔と比較してみた

   

戦慄かなのって、すんごい名前ですよね。

めちゃくちゃインパクトあって、めちゃくちゃ気になるアイドルの一人です。

過去に少年院に入っていたとか、整形していたとかっていうのはまぁ、調べて分かったんですが。

戦慄かなのが少年院に入った理由は?非行少女のやばいエピソード!

僕が思ったのはね・・そう、

「画像(写真)と本物が違うやん...」

ということでございます。えぇ。

画像加工するのって、もはやエチケットかなんかなんですかね??

最近だと、浜崎あゆみさんとか、工藤静香さんの娘、kokiさんとかも、

「加工しすぎじゃろがい!!」

ってみんなに突っ込まれていますね。

そりゃ不自然になるほどいじっちゃったらねぇ。。

 

今回は、戦慄かなのさんの画像と本物の比較をしてみたいと思います。

 

Sponsored Link
 

 

戦慄かなのはカワイイのか?ブスなのか?画像と本物を比較してみた。インスタの顔もすごい

戦慄かなのさんの画像を比較していきたいと思います。

画像(静止画)はこちら。

かわいいですね。。街歩いていたらみんなが振り向くレベル。Instagramですね。

可愛すぎて目立つ!!!!w

 

そして、番組出演時の画像(キャプチャー)はこちらです。

・・・可愛いですけど、頬のお肉の感じとか、あごの感じとかがやっぱり違いますよね。

だけど、決してブスではない。瞼は整形した感ありますけど、整った顔立ちしていらっしゃいます。

・・・でも、画像とはやっぱり違いますね。

 

画像加工が過ぎますよ。戦慄かなの姫...浜崎あゆみ・koki・藤原紀香も

もはや画像加工することが普通なんですかね?

しなくても可愛いし、本物を見る(テレビに出る)ことだってあるのに、バレちゃうじゃないですか。

そうなると不都合なのは本人だと思うんですが。。

kokiさんなんか、

「足が伸び縮みしますね」

とか言われているし。

浜崎あゆみさんは

「鏡に映っている形と違う!」

とか言われていましたし。

藤原紀香さんも、

「体と顔のバランスがおかしいよ。。」

ってことになっていました。。

みんないろんなメディアに出るんですし、加工する必要ないと、、個人的にはおもうんですがね。。

 

 

整形していることを公表している戦慄かなの。整形前との比較もしてみた。

以前にテレビ番組で、整形していることを自ら公表した戦慄かなのさん。

整形はもう、今の時代珍しいものでもないですし、コンプレックスを抱えたまま生きることがつらい人もいますからね。

肯定派です。

有村架純さんのお姉さん、有村藍里さんも、整形して表情が明るくなったのが印象的でした。

戦慄かなのさんは整形されて、どのように変わったのでしょうか。

整形前がこちら

 

 

普通の子。自然に口角上がって微笑んで見えるのがとても好感が持てます。

・・・この子がJKビジネスしてたん!?w

ギャップがすごすぎる。w

アッコさんの二重失敗画像!過去と目の手術後&現在を比較してみた

そして、整形後の写真がこちら

えぇ、これはしっかり画像加工済みのものです。

 

加工していないのがこちら。

くっきりしたら、やっぱり美少女感増しますね!!

可愛らしいですね!

・・でも画像、変えすぎですよね。。

 

Sponsored Link
 

 

戦慄かなのの画像処理、加工はセーフですか?これは修正ですか?

戦慄かなのさんの画像加工、、なかなかでしたね。

皆さん的には、この画像加工、、セーフでしたか?

僕的にはあまりセーフではありませんが、(偽ってる感があんまりうれしくない)

でも画像可愛いのはうれしいです。(おい)

その後に控えるデメリットも理解して、画像加工するべきだとは思いますけど。

 

少し前に、画像加工して顔が違いすぎて、ユーチューバー辞めた子もいましたね。

あの子は、周囲からのそのような批判が苦しくて、表に立つことができなくなったんだと思います。

絶対辛いと思うんですよ。そういうの。

 

もしかしたら、

「画像は加工してきれいにするのがエチケット」

なんて時代が来るのかもしれませんけど。

 

粗品(芸人)は小栗旬似だがイケメンではないでしょ?!ネットで評判を調査!

僕、アゴしゃくれているんですよ。w

中学生ぐらいの時はもう、いやでいやでしょうがなかったんです。

コンプレックスです。まさに。

でも、高校生になって変わりました。

ほぼ男子校で、男くさい部活に入っていたので、もう存分にいじられたんです。アゴを。w

先輩たちはみんな僕のアゴで握手するし(吉本新喜劇の辻本風w)

猪木のモノマネはふられるし。w

散々でしたけど、不思議と嫌じゃなかったんですよね。

なぜなら、バカにしていたわけじゃないことが分かったから。

認めてくれてたんですよ。仲間だって。

 

コンプレックスがあっても、自信をもって生きていく方法って、そういうことなのかなぁ。。

って、大人になってから思いました。w

 

 - アイドル , , , , , , ,