スイス人寿司職人リチャードが働いた寿司屋の場所は?ミシュラン掲載のすごい店だった【メイドインジャパン】

      2019/07/16

2019年7月15日放送の「メイドインジャパン」に、スイス人の寿司職人、リチャードさんが出演されます。

スイス人で寿司職人って、、どういう経緯でそうなったんでしょうか。w

 

スイス人でお寿司屋さんっていうのもすごいですけど、スイス人を受けいれた江戸前寿司のお店もすごいですよね!!

しかも「ミシュラン掲載店」だそうです、、!

今回は、スイス人寿司職人のリチャードさんが働いていたお店について調べてみたいと思います!!

 

Sponsored Link
 

 

スイス人寿司職人 リチャードが働いていた江戸前寿司店は「鮨 千陽」(ちはる)

スイス人寿司職人、リチャードさんはなかなか面白い経歴を持った方で、しかもイケメンです。

寿司職人を目指した理由は、ご自身が日本人とのハーフというところに由来しているそうで。

そう、お母さんが日本人なのです。

本名は「辻村リチャード瑞貴」。名前も男前ですね。

そんな彼が働いたお店は「鮨 千陽(ちはる)」です。

ミシュランにも掲載されている名店だそうです。

寿司屋さんの修行って、めちゃくちゃ厳しそうですし、外国人の方なんて難しいんじゃないかな、、イメージなんですけど。

もしかしたら、ものすごい能力を持ったスイス人だった??とも思ったんですが。

スイス人のリチャードを受け入れるなんて、なんてワールドワイドなんだ!!、、、とも思ったんですが。。w

ミシュラン掲載店である「鮨 千陽」が彼を受け入れたのには理由がありました。

 

 

スイス人を受け入れたのには理由があった...奇跡の寿司屋「鮨 千陽」はすごいお店!!

スイス人寿司職人リチャードが働いた店、「鮨 千陽」は、すごく特殊な形態のお店です。

なんと、「3か月の寿司職人養成学校」の卒業生と、生徒たちだけで運営しているお店でした!!

それでありながら、「ミシュランに掲載されている」なんて。。すごすぎますね!!

その営業形態は話題を呼び、書籍も出版されています!!

 

その「3か月の寿司学校」というのが、「飲食人大学」という学校。

寿司のほかにも、焼き鳥やパティシエ、うどんそばなどのカリキュラムもあるそうです。

 

 

寿司とかって、長年の修行が必要なものであるという固定概念がありますよね。

それをぶっ飛ばしたこの学校。。日本の伝統が生まれ変わる予感がしますね!!

 

Sponsored Link
 

スイス人寿司職人 リチャードも働いたミシュラン掲載店「鮨 千陽」...場所と営業日を調べてみた。

スイス人寿司職人、リチャードも働いたお店、「鮨 千陽」について調べてみました!!

 

<場所> 大阪府 大阪市福島区 福島 5-12-14 コーポ福島 1F

<営業時間>

【ランチ】 11:00~ / 12:30~
※1階のみで営業

【ディナー】■1階:17:00~ / 19:00~ / 21:00~
■2階:17:30~ / 20:00~

<定休日>不定休

 

ミシュランに掲載されて、もう4年も経つんですね。。

しかも書籍まででているなんて、、自分のアンテナの低さにはびっくりですわ。w

 

学生やその卒業生だけで運営しているにもかかわらず、ずっとミシュランに掲載され続けるって、相当すごいですよね。

飲食人大学も、それだけで格が上がるというか、確かな技術を身に着けることができる信用度がぐっと上がりますよね。

かなりうまい方法だな。。考えた人本当にすごいですね。

古舘祐太郎がバイトしてたカフェの場所はどこ?オススメメニューは?

有名人のおすすめするお店っていうのも気になりますけど、千陽のように話題のお店にも行ってみたいですね!!

 

でも大阪かぁ。。怖い思い出がありまして。w

中学の時に修学旅行で歩いていた時に、車に乗っているお兄ちゃんたちに

「おい、ナニミテンネン」

と、こってこての関西弁でまくしたてられたことがあります。w

本気で怖かったから、あまりいい印象はありません。

 

それを払しょくするために、寿司でも食べに行こうかな!!!!

 

 - TV , , , ,